FC2ブログ

記事一覧

もしも自分がフジテレビの上層部の人物だったら、こんなアニメを作っていた?

久々の妄想ネタとなります。こんな事をやっていいのだろうかと思う…。もしも自分が違う時代(1960年代頃)に生まれて、フジテレビの一員だったら、どんな作品を考案していたかをシミュレーションします…。フォーミュラ・エンジェル(1990年を想定)「ひみつのアッコちゃん(第2作)」の後番組&1987年から巻き起こったモータースポーツブームの勢いで、「くりいむレモン」と「レモンエンジェル」の創映新社(フェアリーダスト)&AIC(アニメ...

続きを読む

くりいむレモンシリーズ(1984年~1993年)

さて今回はちと、ヤバい物になってしまいますのでこの記事を読むお方は是非とも覚悟の上で…、伝説のエロチックアニメーション、「くりいむレモンシリーズ」となります!日本のエロチック・アニメーションの歴史は解説すると長くなるので一部省略し、1969年から虫プロダクションが手掛けた「アニメラマ三部作」の中で「千夜一夜物語」が世界的な大ヒットを得て、虫プロのアニメラマに便乗し、レオプロや東京テレビ動画もアニメラマに...

続きを読む

さらばMr.吾妻ひでお…

どうもお久しぶりです…、久々の更新となります…。さて今回の記事は…、今月の13日に逝去されてしまった萌えのジャンルを築き上げた伝説の漫画家、それは…、吾妻ひでお大先生です…(涙) 吾妻先生は説明不要の萌えのジャンルを立ち上げた伝説級の漫画家として名を馳せ、1950年、北海道の浦幌町で生まれ、石ノ森章太郎氏の「マンガ家入門」で漫画家を目指す形で、漫画家志願の仲間たち共に東京に上京して凸版印刷に就職するも、印刷業の...

続きを読む

自分が考えるメガドライブミニの仲間たち

いよいよ後、3日でメガドライブミニが発売っす! セガファン&メガドライバーにとっては令和初の最初のゲーム機でもあり、話題性は「Nintendo Switch Lite」の方が上でありますが、そんなに二つもゲームハードを購入できる余裕ではないため、「Nintendo Switch Lite」の方は年末まで後回しして、メガドライブミニを購入します。でもし「メガドライブミニ」の売れ行き次第でメガドライブミニの仲間たちも考えたっす…。私が考えるメガ...

続きを読む

ファミコン探偵倶楽部II うしろに立つ少女(池田美佐、前川陽子 1989年 双葉社)

久々のスタジオ・ハードが手掛けたゲームブックの紹介となります。今回は「スーパーマリオブラザーズ(大魔王ネオ・クッパの挑戦、マリオ軍団出撃)」、「ポートピア連続殺人事件 密室殺人の謎」、「新・鬼が島 暗黒の化身を討て!」、「オホーツクに消ゆ」、「ガイアの紋章 エルスリード英雄列伝」、前作「ファミコン探偵倶楽部 消えた後継者」の続編とも作品。「うしろに立つ少女」っす!!!さて本作のストーリーはと言います…、ある...

続きを読む

銀座のウォークマン展と秋葉原のセガ5号館

さて令和始まっての秋がスタートした9月1日は銀座のソニーパークで歴代のウォークマンが展示されているウォークマン展に行ったり、秋葉原のセガ5号館に行ったす…。まずは銀座のソニーパークのウォークマン展で1979年から発売された歴代のウォークマンが展示されており、ラジカセをコンパクトサイズに縮小させた「プレスマン」が先祖とも言えており、その「プレスマン」から録音機能を省き、ステレオ再生機能を備わったのがウォーク...

続きを読む

魔鐘 ルーバス復活の陰謀(原作:本田裕司、細貝明男 ケイブンシャ 1987年)

8月いや、令和初の夏もそろそろ終わり、来月からは令和初の秋がやってきます。さて今回は久々のゲームブックレビューです。今回はアイレム初のアクションRPGゲーム作品…、それが 「魔鐘」のゲームブック版っす!!アイレムといえば、スペランカーやR-TYPE等で有名なゲームメーカーで、ファミコン時代においてはカセットに電源が入っている事を確認するためにROMカセットに発光ダイオードを取り付けておりました。今ではアピエスとし...

続きを読む

25才の誕生日。

さて今年も来ました、8月8日、令和初の誕生日となりました!!この誕生日関連の記事はこれで数回目となりますが、FC2ブログに引越してからの更新はこれが初めてとなります。さて9日から12日は夏コミケ(96)となりますが、今年と来年のコミケは五輪絡みで一般参加者は有料化となり、一部の施設も五輪絡みで別の場所で使われることとなります。来年のコミケ98は五輪開催に伴い夏ではなく春の開催となりますが、私は今年の年末(コミケ97...

続きを読む

愛知県のトヨタ博物館(2019年7月14日)

久々のブログ更新となりますが更新が遅れてしまってすみません。何せネタがなぁ…。さて今回のネタは…今月の三連休の14日に出かけた愛知県にある、トヨタ博物館となります!!!トヨタ博物館自体は1989年(平成元年)4月にトヨタ創立50周年記念事業の一つとしてオープンし、1999年には開館10周年を迎え新館も作られております。展示されている自動車はトヨタだけに留まらず世界各国の自動車たちが集結し、19世紀末から21世紀にかけて作ら...

続きを読む

ナイトライダー 無人兵器ゴリアテの挑戦(千葉暁、渡部聖 ケイブンシャ 1987年)

さて、一か月ぶりのブログ更新となって申し訳ございませぬ。なにしろ取り上げようとするネタが無かったものですので…(汗)。さぁ~て久々に取り上げるゲームブック作品は…、海外人気テレビドラマの代名詞…、それが…、 「ナイトライダー」 のゲームブック版「ゴリアテの挑戦」っす!!! さて本作のストーリーはと言いますと…、ナイト財団の最重要顧問でもあるマイケル・ナイトは久々の休暇を楽しむためにナイト2000でカリフォルニア州...

続きを読む

機動戦士ガンダム Gの影忍 太陽系の秘宝(塩田信之 バンダイ 1989年)

さて、最後はスタジオ・ハードのお馴染みのゲームブック作家、塩田信之さんが「一定の期間内に決められたゲームブックを作る」という契約で決まり作った最終作…それが…、「機動戦士ガンダム Gの影忍 太陽系の秘宝」っす!!こやま基夫さんが『サイバーコミックス』で連載していた「Gの影忍」のゲームブック版で、スタジオ・ハードのガンダムシリーズのゲームブック作品としてはこれが最終作であります(残りの三作品はケイブンシャか...

続きを読む

トラブルくらぶ事件ファイル2 放課後のキス泥棒(沙藤いつき 1991年 双葉社)

さて、宝島社による「スーパースターフォース ゴーデスの復活(井上尚美 レッカ社 1987年)」の次はお馴染みのスタジオ・ハードによるゲームブックです。 それが、少女向けゲームブックのレーベルでもある「ペパーミントゲームブックシリーズ」最終作にして唯一の続編物…それが、「トラブルくらぶ事件ファイル2 放課後のキス泥棒」っす!!!前作の「トラブルくらぶ事件ファイル オリーブたちのアブない放課後」の続編であり、双葉社ゲ...

続きを読む

シド・ミード展(2019年5月11日)

さて、2019年5月11日は…、以前「ラフ∞絵展」で開催された場所で開催されたのが…、そうあの世界的工業デザイナー…、その名も…、シド・ミード!!の展覧会です!!シド・ミードさんと言えば、SF映画と彷彿させる近未来的なイラストを手掛ける世界的な有名な工業デザイナーで、1960年代から1970年代前期までは自動車業界や航空宇宙業界等をメインとしたインダストリアルデザインをメインとしておりましたが、1977年に公開された「スターウ...

続きを読む

スーパースターフォース ゴーデスの復活(1987年 宝島社 井上尚美 レッカ社)

30年間続いた、平成も4月30日を持って終わり、今月から令和が始まりました。さて令和元年の特集記事は…、「スーパースターフォース ゴーデスの復活」っす!!「スーパースターフォース」のゲームブックと言えばコミック形式のケイブンシャ版もありましたが、宝島社版の方は小説方式となります。それでは本作のストーリーはと言いますと…、時は1999年の現代に住むパソコン少年、ネットゲームでのコードネームはラルフ・ド・レアマン。...

続きを読む

ラフ∞絵展(4月7日)

平成から令和に移り変わろうとしている4月7日…。東京の末広町(秋葉原)で秋本治、高田明美、天野喜孝、大河原邦男による夢のコラボイラスト展。それが… 『ラフ∞展』っす!! タツノコプロ出身者(秋本治、天野喜孝、大河原邦男)と魔法少女アニメやパトレイバーのキャラデザイナー(高田明美)の共演展とも言える超豪華なイラスト展覧会であり、大河原邦男氏による「機動戦士リョーツ」や高田明美さんによる「こち亀」、秋本治先生による...

続きを読む

メガドライブミニ 秋発売!!

2019年秋、セガファン/メガドライバーにとって素晴らしき朗報っす。それが…、 メガドライブミニ!!! 歴代のセガハードの中では一番の代表格でもあり、任天堂のマリオに続く人気スーパースター 「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」が誕生したのはこの「メガドライブ」というのも有名な話。 若きセガファンの私はメガドラソフト(CD/32Xを除く)を収録して欲しい30タイトルは以下の通り…。「アイルトン・セナ スーパーモナコGPII」「テトリ...

続きを読む

アイルトン・セナ スーパーモナコGPII(SEGA、1992年 メガドライブ/ゲームギア/セガ・マスターシステム)

さて、引っ越し一回目の記事は…、アイルトン・セナ誕生日という事もあって、1992年にSEGAから発売されたレースゲーム…、それが「アイルトン・セナ スーパーモナコGPII」っす!!!日本全土に広まったF1ブーム絶頂期に発売されたレースゲームであり、1990年に発売された「スーパーモナコGP(メガドライブ版)」のマイナーチェンジ版でもあります。さて基本的なゲームシステム「スーパーモナコGP」とほぼ同一のゲームシステムですが、「ス...

続きを読む

ブログ、引越しました!!!

長らく使用してきた「Yahoo!!ブログ」での更新は3月21日11時54分をもって終了し、3月21日の午後からはFC2ブログでの更新となります!!!これからはFC2ブログでの活動となります!! FC2の皆様、そして今までYahoo!!ブログで見てきた皆さんもこれからも是非、FC2ブログでの「ゲームブックの旅」をよろしくお願い致します!!!追記:なんだか私が書く記事は雑でありますが、そこはあまり気にしてはいけない事かなぁ…(おいこら)。byマイケル...

続きを読む

激走!ルーベンカイザー(1977年 東映、大広、テレビ朝日)

今回は放送される機会が少なく、ソフト化がなされていない幻のアニメ作品のご紹介です。それが1977年に日本中で巻き起こったスーパーカーブームで放映された幻のレーシングアニメ。それが「激走!ルーベンカイザー」っす!!!さて本作のストーリーは時は1977年秋 F1日本グランプリ(富士スピードウェイ)の最中での出来事。日本人F1レーサーの速水俊介は、アローレーシングチームの監督からの指示を無視し、フェラーリ・312Tとの無茶な...

続きを読む

テクノポリス21C(1982年 松本正志、東宝、東宝映像)

3月17日、久々に映画を観に行ったので今回は1982年のモーニングショーで上映されたスタジオぬえの幻のアニメ映画「テクノポリス21C」のレビューっす…。さて本作のストーリーはと言いますと、時は2001年、未来のメガロポリスでもあるセンチネルシティーにおいて、メカを悪用させた犯罪が多発。センチネルシティーの警察はこのメカを凶悪犯罪に使おうとする犯罪者に対応すべく、特捜メカ部隊「テクノポリス」が創設、村上博士が開発...

続きを読む

特撮ゲームブック 総括 改

私が所有している特撮系ゲームブックの総括記事です。正直な所、スタジオ・ハードが日本の特撮作品を題材にしたゲームブック作品は絶対にないだろうなぁ…と疑っていた私でしたが、実際に調べて見たら、なんとウルトラマン、宇宙刑事シャイダー、仮面ライダーBLACK、ガンヘッド、地球防衛少女イコちゃん等の6作が存在しておりました。これで全て揃ったので私の独断でランキング化します。1位 ウルトラマン 東京救出作戦2位 仮面ライ...

続きを読む

天空の魔王 地球防衛少女イコちゃん(滝沢一穂 1988年 双葉社)

久々のスタジオ・ハードのゲームブック作品紹介となりますが、日本の特撮作品からのゲームブック作品の紹介はこれが最後の作品となります。それが河崎実監督作品の特撮ビデオ作品のシリーズ物である「地球防衛少女イコちゃん」のゲームブック版でもある、「天空の魔王」でもあります!!さて本作のストーリーはと言いますと、地球防衛組織LTDTと中学生の掛け持ちの女性隊員でもある可井イコ。前作で宇宙大学生モロケンからもらったス...

続きを読む

この著作権改正法案に異議あり!

今年の2月14日に海賊版サイトの対策のために、著作権改正法案が立案されておりますけど…、具体的に言うと、画像や写真、イラストなどにも著作権保護法案を改正しようと日本政府が目論んでおりますが…、実際にやるとなれば…、インターネット上のある物を保存するだけで逮捕するというとんでもない改悪の法案…。これでは同人誌活動のサークルたちや私が平塚で勤めているイラストレーター系の会社や漫画家、アニメ監督、小説家にも影...

続きを読む

オールアバウト ゲームブック VOL.1 ケイブンシャ編(2011年 トレーダーズ・ギルド)

さて2月に入りましたので2月最初のブログ更新です。今回はゲームブックの資料本を取り上げたいと思います。それが…、トレーダーズ・ギルドによる同人誌「オールアバウト ゲームブックシリーズ」です!! 私は第1巻となるケイブンシャ編を購入したっす。ケイブンシャは1960年代時はソノシートをメインとしておりましたが、1971年に巻き起こった変身ブームの最中に発売した「原色怪獣怪人大百科(後に「全怪獣怪人大百科」に改題)」が爆...

続きを読む

F1(1993年 DOMARK 日本未発売)

今回はメガドライブのゲーム作品を取り上げたいと思いマッスル。それは米国、欧州などで発売されていた「F1」というF1レーシングゲームっす。「007死闘」や「MIG-29」等を手掛けていたイギリスのDOMARK社(米国ではテンゲン)が発売し、フランスのLankhor社が開発しており、AMIGA(アミガ)やATARI-ST等のPC用のゲームをメガドライブ向けに移植。主なモードは数十台抜きこせるかを競うアーケードモード、そしてチャンピオンシップモー...

続きを読む

Chantze's Stone(チャンツェストーン) 1985年 データイースト

インフルエンザに係って1週間休養となってしまった…。本当ならば11日、14日から19日も出勤したかったものの、インフルじゃ無理な物は無理と言う状態になってしまった…うう、給料が…。という私のしょうもない発言(おい、これしょうもない発言か…)はさておき、久々にレトロビデオゲームの紹介という事になります。1983年の「幻魔大戦」、1984年の「サンダーストーム」、1985年の「ロードブラスター」に続くデータイーストのアニメー...

続きを読む

コミック版 ソロモンの鍵外伝(北殿光徳、細貝明男 1986年 ケイブンシャ)

2019年最初のゲームブック紹介となります…。今回はケイブンシャのゲームコミックシリーズ第2弾でもあるソロモンの鍵のゲームブック版となります。テクモのゲーム作品でのゲームブック化としてはこれが第1作目となります。さて本作のストーリーはと言いますと…、魔法使いダーナの活躍によって世界は平和と光を取り戻し、魔法書「ソロモンの鍵」がライラックの国王ユトラの所に舞い戻り世界の平和はこのまま永遠に約束されていた…。...

続きを読む

蒲田の特撮DNAへ行ったす!!

年末年始の休みの終盤でもある2018年1月5日…、今月27日までに開催されている「特撮DNA」展に行きました! 数年前開催された「館長 庵野秀明特撮博物館 ミニチュアで見る昭和平成の技」の縮小版ですが、展示されているものは「シン・ゴジラ」で使われたゴジラなどの雛形や小道具、過去の東宝特撮作品のミニチュアやポスター、着ぐるみなど多数の東宝特撮の資料が選りすぐりで展示されておりました!!私は学生時代(中学から高校時代)の...

続きを読む

海底軍艦(1963年 本多猪四郎 東宝)

2019年新春 新年あけましておめでとうございます!!! さて2019年、一発目のブログ更新は…、公開55周年を迎えた東宝が送り出した超万能戦艦のSF特撮映画…、海底軍艦っす…!!!さて本作のストーリーはと言いますと…、真夜中に水着の女性モデルの撮影を撮影をしていたカメラマンでもある旗中進と西部善人…。その水着の女性モデル撮影中に、謎の蒸気人間らしき人物を目撃していた。そんな中、日本中の土木技師たちが消息を絶ってしまう事...

続きを読む

今年でいよいよ、2018年も終焉です!

さて2018年も残すところあとわずかとなりましたなぁ…。今年の大晦日は冬コミケに訪れ、カレンダーや同人誌などを購入したっす…。それと私が生まれた1994年から続いた平成もそろそろ終わりの時を迎えるんだなぁ…、時代の流れは速い…。さて今回の冬コミケで購入した物は…、矢野健太郎先生のアシスタントでもあったみやさかたかしさんによる2019年度のカレンダーとVHSやベータ、VHD、LDの研究家でもあるコノシートさんのビデオソフト...

続きを読む

宇宙戦艦ヤマト(TAITO 1985年)

今回はちょっと、凄くレアなゲーム作品のレビューでもしておこうかなぁ…と思います。LDゲーム作品…。若い世代にはあんまりと言うよりも知名度が低くいのであんまり知られてはおりません。しかしLDゲームは幾つか存在しており、海外では「ドラゴンズレア」や「スペースエース」、「ファイヤーフォックス」、「クリフハンガー(ルパン三世)」、「マッドドッグマックリー」、「マッハ3」、「フリーダムファイター(銀河鉄道999)」等が...

続きを読む

コミック版 スーパースターフォース(なぶらひみ、ベッカー鈴木 1987年 ケイブンシャ)

いよいよ、今年最後のゲームブックとなります。今回はテクモさんから発売された「スターフォース」の縦スクロールシューティングと「ゼルダの伝説」のアクションRPGを組み合わせたアクションシューティングRPGゲーム「スーパースターフォース 時空暦の秘密」のゲームブック版となります。スーパースターフォースのゲームブックは宝島社とケイブンシャの2社から発売されており、今回はケイブンシャ版の紹介となります。さて本作のス...

続きを読む

そろそろ2018年もあとわずかか…。

2018年もいよいよ残すところあとわずか…、そして1989年から続いた平成の時代も来年を持って終わりを告げるんだなぁ…。来年の2019年でやって欲しい物と言えば…、こんな風かなぁ…。「激走!ルーベンカイザー」のDVD/BD化&CSでのHD放送。星野一義、鈴鹿サーキット等が関与し、メカデザに村上克司(原案)&大河原邦男(クリンナップ)、OPアニメに金田伊功、キャラデザにすがやみつる等が参加した1977年のレーシングアニメ作品。アニメ制作...

続きを読む

リメイク版「宇宙空母ブルーノア」はこう考える!!

数週間ぶりの更新となりますが、今回はゲームブックと特撮のIFネタに続きアニメ物のネタとなります…。最近、宇宙戦艦ヤマトのリメイク版が結構話題となっておりますが、私にとってのリメイク版ヤマトは西崎義展&松本零士でないとどうもリメイク版ヤマトを見る気がなく…(というか、リメイク版ヤマトは松本零士さんが関与されていないというよりも、あの裁判でもめてしまって事も影響しているとか(但し、「YAMATO2520」のみの論外(お...

続きを読む

高橋名人のBugってハニー ゲーム世界危機一髪(塩田信之 双葉社 1987年)

そして2冊目はお馴染みのゲームブック製作集団でもあるスタジオ・ハードさんによる「高橋名人のBugってハニー」のゲームブック版となります。著者は前作の「高橋名人の冒険島 ティナを救い出せ!」と同じ塩田信之さんによる作品です。さて本作のSTORYはと言います…。新作ゲーム「高橋名人のBugってハニー」をプレイしていたトイコン・クラブのワンナップ、みどり、ダルの3人組。だがトイコン・クラブの3人組はそのゲームをプレイ中...

続きを読む

激走!ミニ四駆GPX(グランプリ) 炎のダッシュ(高木成一、井上尚美 レッカ社 双葉社 1989年)

2018年も残すところ残りわずかとなりますが、今回はアキバのまんだらけコンプレックスで購入したゲームブック2冊を紹介したいと思います。それがレッカ社&双葉社によるレース物のゲームブック。それが「激走!ミニ四駆GPX(グランプリ) 炎のダッシュ」っす!第1次ミニ四駆ブームの最中に発売されたミニ四駆とゲームブックの融合作でもある作品です。それでは本作のストーリーはと言いますと、日本各地のミニ四駆レーサーたちを集めた...

続きを読む

VIVTORY F-1 team "Footwork Mugen" 鈴木亜久里(東芝EMI 1992年)

久しぶりの本ブログの更新となりマッスル!!今回はモータースポーツ関係のビデオでも取り上げる事のは今回が初めてだと思いマッスル!! 1987年から1993年に巻き起こったF1ブームの真っ盛りとなる1992年に東芝EMIから発売されたF1ビデオとなります。それが「VIVTORY F-1 team "Footwork Mugen" 鈴木亜久里」っす!!! で本ビデオの内容はと言いますと…。1992年のF1シーズンにオールジャパン体制初年度となるフットワーク・無...

続きを読む

人間革命(1973年 舛田利雄監督 丹波哲郎主演 東宝/シナノ企画)

遂に…、中々視聴する手段が信濃町で販売されているDVD以外では視聴困難を極めた東宝特撮作品の中ではかなり異色作にして超大作となるあの作品をブログ閉鎖される覚悟の上で取り上げる事となります…。それが、東宝とシナノ企画による超大作映画「人間革命」です…!!!内容は池田大作の同名小説でもある「人間革命」第1部と第2部を映画化しており、製作スタッフやキャストも完全に黒澤明級の制作スタッフとキャストであり、製作スタッ...

続きを読む

皇帝のいない八月(松竹、1978年)

一昨日、CS放送で録画して視聴した鉄道映画作品のレビューとなります。それが、渡瀬恒彦&山本圭主演の鉄道アクション映画「皇帝のいない八月」です!! 自衛隊のクーデター計画を小林久三さんが社会派推理小説を映画化した作品です。それでは本作のストーリーはと言いますと…、政局が不安定な198X年8月、国道4号線で不審なトラックを追跡していたパトカー(S50系クラウン後期型)が銃撃され、炎上する事件が発生した。現場に残された不...

続きを読む

リメイク版「マイティジャック」はこう考える!!!

前回のゲームブックIFネタに続き、今度は特撮物のIFネタっす…。2016年に庵野の氏が「一度きりの挑戦」として作った『シン・ゴジラ』は文字通りの大ヒット作であった。ではシン・ゴジラに続く日本の特撮映画魂を見せる第2作としては…、円谷プロが1000万円の費用を投じた野心作…、「マイティジャック」!!私の場合、どのような形で再びあの円谷プロの偉大なる野心作を甦るとしたら…。以下のスタッフでやってほしいなぁ…。制作は日米合...

続きを読む

武装化時代(秋本治 フレッシュジャンプ春休み特大号 1984年)

さてハロウィンホラーコミック特集(秋本治1作、矢野健太郎2作(というかまだハロウィンはまだ早いぞ…))としての最後ラストを飾るのは、秋本治氏の史上最大の問題作…。それはフレッシュジャンプで掲載されていたあの「武装化時代」です…。秋本治先生の作品で封印作品と言えばこち亀の「帰ってきたあの男の巻(理由不明の単行本未収録)」や「派出所自慢の巻(第4巻の初版から1991年版まで収録された話)」もそうですが、それ以上にヤバイ...

続きを読む

プラモ道入門(秋本治 ホビーズジャンプ 1985年4月)

さて矢野ホラーから一転して明るい物を一作…。それは「ネットワーク戦士」が連載されていたVジャンプの前身と言うべき、漫画雑誌それが「ホビーズジャンプ」の読み切り短編。こち亀で有名なジャンプ界のエンツォ・フェラーリと呼ばれる秋本治氏による「プラモ道入門」です!!さて本作のストーリーはと言いますと…、田舎の村に住むプラモ狂少年、青島銀太。村一番でプラモデルの制作技術を持つのだが、彼は二枚目模型製作家(プロモデ...

続きを読む

スランプを逃れて(棟居仁(原作)、矢野健太郎(作画)、1992年、ヤングジャンプサーティー)

続いては、「FROM-C」でコンビを組んだ棟居仁さんと矢野健太郎さんによる短編ホラー物の「スランプを逃れて」です。こちらは1992年のヤングジャンプサーティーで掲載された短編スリラーで、単行本への収録はヤング・ジャンプコミックスセレクション「FROM-C」第2巻の巻末に収録されておりましたが、電子書籍版では未収録だったので、どんなホラー物かなぁ…と思い、国会図書館へ向かって閲覧(笑…)。さて本作のストーリーはと言いま...

続きを読む

枯れた献花(はな)(矢野健太郎、1990年、NORA(ノーラ))

ある日、もの全て、突然、その均衡を失う時…、身の毛のよだつ戦慄が走る!それは幻想と耽美の世界か! 奇跡、予言、怪奇、そして謎! 絢爛たる色彩の中で展開される恐怖の世界!! あなたを世にも恐ろしいアンバランス・ゾーンへご案内致しましょう…。というどこかで聞いたことが特撮ホラーのようなナレーションです…(自慢にはなりません)。今回は10月のハロウィンと言う事も国会図書館から複写した作品をセレクトしてホラー物を3作セ...

続きを読む

台風の影響で国会図書館に…。

今日は、昨日の台風のせいで東海道線がどうしようもない状態で、会社はやむおえず欠勤…。そこで最近ここの所出向いていなかった永田町の国会図書館に久々に出かける事にした…。今回はどの書籍を閲覧していたのかと言いますと…。ゲームブック系オホーツクに消ゆ 北海道連鎖殺人(池田美佐 双葉社 1988年)ファミコン探偵倶楽部 part2 うしろに立つ少女(池田美佐 双葉社 1989年)放課後のキス泥棒 トラブルクラブ事件ファイル2(沙藤いつ...

続きを読む

スタジオ・ハードオリジナル作 総まとめ

これでセクシーやペパーミント以外のスタジオ・ハードオリジナル作品を不完全ながらも(一部国会図書館で読んだ作品や手放した物もあるけど…)、なんとかほぼ完結に近い状態となりました。そのため今回はそのスタジオ・ハードによるオリジナル作品の総まとめ記事となります。スタジオ・ハードでゲーム世界的なオリジナル作品を手掛けた作家としては樋口明雄さん、塩田信之さん、竹田明さん、草野直樹さん、伊吹秀明さん、池田美佐さ...

続きを読む

忍者乱丸の大冒険 土グモ党野望編(大出光貴(伊吹秀明)、双葉社、1989年)

久々のゲームブック紹介レビュー&オリジナル作のゲームブック紹介となります。スタジオ・ハードのオリジナル作品のゲームブックではペパーミントゲームブックシリーズやセクシーゲームブックシリーズを除けばレッカ社の少年魔術師インディやアミューズメントクラブの地層階級王国のようなゲーム世界のイメージが濃いのが特徴的です。さて本作品のストーリーはと言いますと、時は徳川幕府が仕切っていた江戸時代の日本にある上から...

続きを読む

スタジオ・ハードゲームブック作品のイラストレーターたち(不完全リスト)

最近ゲームブック関連の記事がほとんどない為、今回リスト形式という形で双葉社、ケイブンシャ、バンダイ、講談社等で活動されたスタジオ・ハードのゲームブック作品のイラストレーターを紹介いたします~(不完全ですけどね)。見田竜介(不敵万才名義)担当ゲームブックリスト「アニマルタイフーン」「アニマルタイフーン2 魔獣伝説」「ルパン三世 Pファイルを奪え!」「スーパーマリオブラザーズVol.2 大魔王ネオ・クッパの挑戦」...

続きを読む

冨田勲 映像音楽の世界 SOUNDS OF TOMITA

芸術の秋、食欲の秋、スポーツの秋、そして音楽の秋…。今日は有楽町の国際フォーラムで開催された冨田勲 映像音楽の世界のメモリアルコンサートが開催されました…!!無論、テクノサウンドの基礎を築きあげた日本の音楽家にして、映像音楽家として伊福部昭、佐藤勝、宮内國男、冬木透、菊池俊輔、渡辺宙明、渡辺岳夫、宮川泰、鈴木宏昌、大野雄二他数名と並ぶ日本の名音楽家の偉人でもあり、手塚治虫原作のアニメ作品、東映映画「飢...

続きを読む

宇宙空母ブルーノア(原作:西崎義展、絵:津原義明 1980年 朝日ソノラマ)

ブログ更新が数週間以上、放置してしまって誠にもうしわけありません…。というか記事になりそうなネタが見つからず、何を記事にしようか、全然考えておりませんでした…(汗)。という分で久々のブログ更新となりマッスル。1980年、朝日ソノラマのサンコミックスレーベルで発売された西崎義展氏が宇宙戦艦ヤマトの後継作として期待されていた野心作でもあった宇宙空母ブルーノアのコミカライズ版となります。無論、学年誌や冒険王に...

続きを読む

プロフィール

マイケルたかお

Author:マイケルたかお
昭和から平成初期のビデオゲーム、ゲームブックや玩具、旧車、映画、モータースポーツ、アニメ、漫画等なんでもご興味があるお方です。

最新記事